So-net無料ブログ作成

株式 ブログランキングへ

【株式トレード】グランビルの法則とテクニカルチャート [株トレード]

▼100万円を「7年で1億円」にした投資家が語る「8つの買いポイント」
グランビルの法則って聞いたことがあるかと思います。初めて聞いたと言うのであれば、本章でしっかりとマスターしてください。グランビルの法則とは、株価と移動平均線からエントリーのタイミングを見極めようとするものです。




スポンサードリンク


▼株投資の真髄「くいっとチャート」と「がっくりチャート」とは?
大きな利益の獲得を目指し、多くの人が株式市場に参入してきます。そのアプローチの方法も様々で、数千以上ものトレード技術があるとも言われています。では、その中のどれを信じてトレードすれば良いのか?

▼ローソク足の見方・使い方(1)~ローソク足とは
ローソク足は日本のチャートの代表であり、世界で一番精巧に工夫されている罫線であるといっても過言ではないでしょう。この足型は4本値(始値・高値・安値・終値)を使用しローソクの形に表したチャートです。

▼チャートの理解が抜群に深まる移動平均線の正しい見方と使い方全て
移動平均線は、テクニカル分析の指標の中では、まず最初に知っておくべきものだと言えます。なぜなら、全てのトレーダーがこれを利用しており、チャートの重要な場面で度々機能するからです。

▼MACDの見方・使い方
MACDとは2本の移動平均線(MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のライン)を用いることで、相場の周期とタイミングを捉える指標です。

▼ボリンジャーバンドの見方・使い方
ボリンジャーバンドは株価移動平均線と標準偏差で構成されています。例えば25日移動平均線を基準に説明します。「25日間の個々の終値」から、その「25日間平均値」を引いたものを二乗し、それを25日分合計し、その値を25で割り、最後にその平方根をとったものが「25日標準偏差」です。




 
スポンサードリンク


nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 39

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

マネックス証券

テクニカル分析でお悩みでしたら
こちらをどうぞ、わかりやすく解説しております。

マネックス証券 初めてのテクニカル分析
https://info.monex.co.jp/technical-analysis/



新規無料口座開設はこちらからどうぞ
↓↓
マネックス証券
株式手数料業界最安水準100円(税抜)から マネックス証券
新規口座開設キャンペーン