So-net無料ブログ作成
検索選択

株式 ブログランキングへ
-| 2016年02月 |2016年03月 ブログトップ
前の10件 | -

2016年2月26日 日経平均、終盤上げ幅縮小でも+48円 [日経平均株価]

【シナプス証券取引所471日目】【要確認】俺はぷよぷよをやっているのではない。


             
スポンサードリンク


日経平均5.JPG
26日の日経平均は16,188円41銭 前日比+48円07銭 +0.30%

寄り付き前に買いが入り16,311円52銭で前場が始りました。

更に買いが入り9時20分に今日の高値16,472円05銭に上昇、しかし、
ここから売りが集中し11時05分 16,241円89銭まで売られましたが買いが入り小幅に上昇。

16,333円73銭で前場引けに、後場は16,350円から16,300円間をもみ合い。

14時25分には、利益確定売りでやや下げ幅を広げて、16,188円41銭で今日の取引は終了しました。

日足チャートは25日移動平均線に上値を抑えられた形になっています。

「ドル円が112円前後で推移していることで、来期の企業業績が今期比増益を確保できるか不安視されてるようで買い意識が限定的にさせてるかも」
とのことです。

来週はG20の内容発表の他に米の雇用統計などの指標の発表に注目です。
日経平均hi 足.JPG

日経平均テクニカル
続伸、17000円処を意識したトレンドに向かう可能性

26日の日経平均は続伸。

一時16400円を回復する場面もみられたが、抵抗線として意識される25日線に上値を抑えられる格好となった。

足元でもち合いが続いていたが、このレンジ上限だった16350円辺りを上放れつつある。

ボリンジャーバンドでは-1σと中心値(25日)とのレンジでの推移。

一目均衡表では転換線、基準線との推移であるが、支持線として意識される転換線が切り上がりをみせており、煮詰まり感が台頭してきている。

価格帯別出来高では、商いの膨れている16000-16200円での攻防。

ただし、これを上回った水準での時間が長かったこともあり、支持線に変えつつあるとみられる。

16900-17100円辺りまでは出来高は薄いため、調整トレンドの中ではあるが、17000円処へのリバウンドを意識したトレンドに向かう可能性が高い。

http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160226-00934048-fisf-market
日経平均syuu 足 .JPG日経平均月足.JPG
25日、75日移動平均線ゴールデンクロス
コード銘柄名市場終値
2208ブルボン東21715
2293滝沢ハムJス457
2398ツクイ東11383
2811カゴメ東12152
2910Rフィールド東13005
3673ブロードリーフ東11300
4967小林製薬東19790
6027弁護士ドットコム東マ1997
6036KeePer技研東マ1590
6727ワコム東1479
6857アドバンテスト東11057
6891イーター電機Jス57
6898トミタ電機Jス157
7599ガリバー東11154
7853Fプラネット東228
8938ロジコムJグ2382
9006京浜急行電鉄東11030
9046神戸電鉄東1361
9364上組東11084
9409テレビ朝日HD東11965
9869加藤産業東12772
9885シャルレ東2507
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/knsk/opt_knsk.cgi?knsk=54

             
スポンサードリンク



2016年2月25日 日経平均 円高一服感、原油先物相場の持ち直しを受けて買いが広がる。 [日経平均株価]

【シナプス証券取引所470日目】絶望の毎日に一筋の光を見出した男


             
スポンサードリンク



日経平均5.JPG
25日の日経平均は16,140円34銭 前日比+224円56銭 +1.41%です。

前場、寄り付き前で買われて、15,983円47銭で前場が始まりました。

9時10分に16,080円84銭から15,965円94銭の間をもみ合う状態。

16,031円69銭で前場終了、後場が始り16,026円52銭から12時40分の15,953円93銭まで売られました。

ここからいっきに買いが入り、14時に今日の高値16,218円29銭まで上昇。

16,200円から16,150円の間をもみ合いが続き、16,140円34銭、25移動平均線に下支えされた状態で大引けに。

日足チャートは相変わらず16,000円上下をもみ合っている状態です。
日経平均hi 足.JPG


26日の東京株式市場は、1万6000円を挟んだもみ合いとなりそうだ。25日の日経平均株価は、前日比224円55銭高の1万6140円80銭と反発して取引を終了した。ドル・円相場が1ドル=112円台の半ばへと、円安・ドル高に振れたことをきっかけに上げ幅を拡大した。ただ、ナイトセッションでは反落に転じ、再び1万6000円を割り込んでいる。市場では「通常取引は買い戻しが中心で、上値を追うような動きではなかった」(中堅証券)との見方があり、上値は限定的なものとなりそう。 http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160225-00426332-mosf-stocks
日経平均syuu 足.JPG日経平均月足.JPG 25日の日経平均は3日ぶりに反発。続伸で始まった後は16000円処での底堅い値動きとなった。一時16200円を回復する場面もみられたが、5日線を挟んでの推移となった。下降する25日線に上値を抑えられる形状ではあるが、煮詰まり感が台頭。ボリンジャーバンドでは-1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移。一目均衡表では転換線、基準線とのレンジ内で推移している。転換線は切り上がりをみせており、基準線突破が次第に意識されてきそうだ。遅行スパンは実線が切り上がりをみせてくるため、現在の水準をキープした場合には3週間程度で上方転換シグナルを発生させてくる。引き続きこの水準を明確に上放れる展開を見極める必要があるほか、この水準を明確に上放れてくるようだと、16900-17000円水準までは比較的早いとみられる。 http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160225-00934046-fisf-market

25日、75日移動平均線ゴールデンクロス
コード銘柄名市場終値
1682NFプラチナ東E183
2201森永製菓東1640
2331ALSOK東15830
2351ASJ東マ496
2917大森屋Jス950
3681ブイキューブ東11226
3756豆蔵HD東1647
3773アドメディア東マ810
4290プレスインタ東11277
5943ノーリツ東11828
6059ウチヤマHD東1503
6644大崎電気工業東1728
6676メルコHD東12280
6930日本アンテナJス587
7575日本ライフLJス1289
7610テイツーJス41
8958グローバル投東R458500
8963インヴィンシブ東R71600
8964フロンティア東R513000
8966平和不動リート東R91900
8973積水ハウスSI東R119000
8986日本賃貸住宅東R89400
9421エヌジェイHDJス2439
9989サンドラッグ東17570
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/knsk/opt_knsk.cgi?knsk=54

             
スポンサードリンク



2016年2月24日 日経平均16,000円割れ、もみ合い続く。 [日経平均株価]

【シナプス証券取引所469日目】小僧寿し(9973)いくっしょ!






スポンサードリンク






日経平均5.JPG

24日の日経平均は15,915円79銭 前日比-136円26銭 -0.85% でした。



寄り付き前で売られて、前場15,851円13銭で始まりました。



9時15分に15,755円28銭まで下げましたが、11時に16,005円45銭に回復。



再び売られ始めて、15,944円06銭で前場は引けました。



後場の寄り付き15,874円55銭で始り、13時40分で15,801円01銭まで売られ、ここから徐々に回復していきましたが、15,915円79銭で16,000円割れで今日の取引は終了しました。



当分方向性が定まらない状態が続くのでしょうね?今週末、G20の決定内容が注目される処です。





日経平均hi 足.JPG

日経平均テクニカル

続落、16000円処での強弱感対立



24日の日経平均は続落。



売り先行の展開となり、5日線を割り込んでいる。



ただし、下へのバイアスが強まることはなく、直近のもち合いレンジの下限、およびボリンジャーバンドの-1σ水準での底堅さが意識されていた。



一目均衡表では転換線と基準線とのレンジ内での推移。



価格帯別出来高では16000-16200円レベルが厚く、この水準が上値抵抗として意識されやすい。



引き続きこの水準を明確に上放れる展開を見極める必要があるほか、この水準を明確に上放れてくるようだと、16900-17000円水準までは比較的早いとみられる。



http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160224-00934044-fisf-market


日経平均syuu 足.JPG
日経平均月足.JPG





25日、75日移動平均線ゴールデンクロス

コード 銘柄名 市場 終値
2330 フォーサイド Jス 195
3281 GLP投資法人 東R 120400
3287 星野リゾートR 東R 1344000
3298 インベスコJ 東R 101200
5921 川岸工業 東2 416
7276 小糸製作所 東1 4875
7630 壱番屋 東1 5900
8957 東急リアル投 東R 163400
8985 ジャパンホテル 東R 91800

http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/knsk/opt_knsk.cgi?knsk=54




スポンサードリンク



タグ:日経平均

2016年2月23日 日経平均 円高嫌気、利益確定売りで反落 [日経平均株価]

【シナプス証券取引所468日目】サイバネットもってたらなぁ!ればなぁ!







             
スポンサードリンク





日経平均5.JPG

23日の日経平均は円高による嫌気、株価の売り圧力で 16,052円05銭 前日比-59円 -0.37%反落でした。



寄り付き前は前日より買われて、16,230円38銭で前場が始まりました。



9時25分で今日の最高値16,350円38銭まで上げましたが、9時30分に売りの方向になり前場終値16,126円44銭で引けました。



後場、寄り付き前も売られて、16,086円56銭で後場、寄り付き16,000円から16,150円あたりのモミ合いになり16,052円05銭で大引けとなりました。



明日は、2月末権利銘柄の権利付き最終日です。



小売中心に株主優待の設定している企業もあり、権利売の動きが注目されます。


日経平均hi 足.JPG

日足チャートは16,000円付近を上下にもみあいの状態です。



買いどきを狙いながら様子見です。



先が見えない買いは危険ですので、気をつけましょう。





日経平均テクニカル

反落、パラボリックは陽転シグナルを発生



23日の日経平均は反落。



続伸で始まり、その後は一目均衡表の基準線レベルまで上げ幅を拡大する場面もみられたが、突破とはならなかった。



その後はこう着感の強い相場展開となったが、16000円を上回って取引を終えたほか、5日線も支持線として意識されており、底堅い展開だった。



ボリンジャーバンドでは-1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移。



パラボリックはSAR値にタッチしたことから、陽転シグナルを発生させている。



MACDは緩やかながら陽転シグナルを継続させている。



一時16300円を超えたものの、出来高が厚いのが16000円処であり、引き続きこの水準を明確に上放れる展開を見極める必要がある。



この水準を明確に上放れてくるようだと、16900-17000円水準までは比較的早いとみられる。



http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160223-00934049-fisf-market

日経平均syuu 足.JPG
日経平均月足.JPG





25日、75日移動平均線ゴールデンクロス

コード 銘柄名 市場 終値
1674 ETFS白金 東E 10500
1897 金下建設 東2 460
2164 地域新聞社 Jグ 493
2413 エムスリー 東1 2735
2708 久世 Jス 715
3032 ゴルフ・ドゥ 名セ 374
3226 日本アコモF 東R 414500
3941 レンゴー 東1 545
4581 大正製薬HD 東1 8740
4694 BML 東1 3955
6048 デザインワン 東マ 1509
6414 川重冷熱工業 Jス 640
6465 ホシザキ電機 東1 8510
6787 メイコー Jス 370
6896 北川工業 名2 1185
8836 RISE Jス 40
8869 明和地所 東1 628
8977 阪急リート 東R 135500
9533 東邦ガス 東1 791
9797 大日本コンサル 東2 403
9924 ドミー 名2 500

http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/knsk/opt_knsk.cgi?knsk=54




             
スポンサードリンク






2016年2月22日 日経平均 寄り付き売られながらも反発、16,000円台回復 [日経平均株価]


【シナプス証券取引所467日目】サイバネット(4312)連日ストップ高で!?


             
スポンサードリンク


22日の日経平均は16,111円05銭 前日比+143円88銭 +0.90%です。

寄り付き前のドル円は112円台と円高にふれてたことから
寄り付き15,851円39銭で売られて前場、寄り付きました。

9時10分には売りが一巡し、買いが優勢に。

10時15分には16,183円87銭まで回復、
ここで一旦売られながら16,063円56銭で前場の取引が終了しました。

後場、寄り付き前に買いが入り16,455円83銭で後場が始まりました。

約16,150円から16,100円のレンジの状態が続き
大引け前にいっきに売られることもなく16,111円05銭で
今日の取引は終了しました。

市場はまだリスクオフムードの状態、脱し切れていないということでございます。


あす23日の東京株式市場で、主要指数は底堅い展開か。

国内発の材料に乏しいなか、
26-27日開催のG20(20カ国・地域)財務相・中央銀行総裁会議を控え、
金融市場の安定化に向けた協調体制への期待感が底流にあり、
「値もちはよいとみられる」(銀行系証券)との見方が聞かれる。

ただ、22日の東証1部売買代金は2兆581億円(前週末比2194億円減)と今年最低水準。

市場エネルギーは減退しており、為替、原油などの外部要因がマイナス作用するようだと、
先物売買に揺れる可能性もある。

http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160222-00121731-mosf-stocks


日経平均テクニカル
反発、パラボリックの陽転シグナル発生が射程に

22日の日経平均は反発。

売りが先行したものの、その後は切り返しをみせており
陽線を形成している。

5日線のほか、ボリンジャーバンドの-1σ水準での攻防となっていたが
終値ではこれを上回っている。

一目均衡表では転換線が下向きに推移していたこともあるが
同線を上回っての推移となっている。

パラボリックは16140円辺りまで下がってくるため
陽転シグナル発生が射程に入ってきている。

MACDは陽転シグナルが継続している。

価格帯別出来高では16000-16200円水準で厚みが増してきているため
強弱感が対立しやすいところ。

この水準を明確に上放れてくるようだと、
16900-17000円水準までは比較的早いとみられる。

http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160222-00934045-fisf-market



25日、75日移動平均線ゴールデンクロス
コード 銘柄名 市場 終値
2692 伊藤忠食品 東1 4185
2914 JT 東1 4542
3110 日東紡 東1 363
3269 アドバンスR投 東R 272200
3375 ZOA Jス 720
5356 美濃窯業 名2 238
6042 ニッキ 東2 578
6074 JSS Jス 873
6412 平和 東1 2360
6822 大井電気 Jス 470
7486 サンリン Jス 596
8987 ジャパンエクセ 東R 146600

http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/knsk/opt_knsk.cgi?knsk=54

             
スポンサードリンク



2016年2月19日 日経平均 原油安、円高で反落。 [日経平均株価]

【シナプス証券取引所466日目】サイバネット(4312)ストップ高持ち越し







             
スポンサードリンク






日経平均5.JPG
19日の日経平均は15,967円17銭 前日比-229円83銭 -1.42%でした。



前日の米国市場の下落、原油価格や円高の嫌気し売られて、16,050円04銭で寄り付きました。



11時10分には15,807円28銭まで下落、15,836円77銭で前場終了。



後場、12時40分に15,950円21銭まで反発しましたが上値抑えられ13時20分には15,799円35銭まで下落。



ここから買いが入り14時45分に16,024円93銭まで上昇、75移動平均線に上値抑えられて15,967円17銭で今日の取引は終了しました。



24日は2月末決算銘柄の権利付き最終日です。



株主優待などの権利取り狙いで買いが入るなど下支えなるか注目されます。





日経平均テクニカル
日経平均hi 足.JPG
反落、パラボリックの陽転シグナルへのハードルは切り下がる



19日の日経平均は反落。



一時15800円を割り込む場面もみられたが、下ひげを残す格好で5日線レベルでの踏ん張りをみせている。



ボリンジャーバンドでは、バンドが下向きで推移しているものの、-1σレベルでの推移をキープ。



一目均衡表では転換線レベルでの攻防となっており、明確に同線のほか、基準線を捉えておきたいところである。



MACDは陽転シグナルを継続させている。



パラボリックのSAR値は16285円辺りまで低下してきており、陽転シグナルへのハードルは切り下がってきている。



価格帯別出来高では16000-16200円水準に加えて、15800-15900円レベルでのボリュームが増えてきており、こう着が長期化してくると、上値抵抗として意識されてくる。



http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160219-00934044-fisf-market
日経平均syuu 足.JPG日経平均月足.JPG





25日、75日移動平均線ゴールデンクロス


コード 銘柄名 市場 終値
1984 三信建設工業 Jス 328
2282 日本ハム 東1 2496
2802 味の素 東1 2804
4751 サイバエージ 東1 5040
6916 アイオデータ 東1 618
9003 相鉄HD 東1 686


http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/knsk/opt_knsk.cgi?knsk=54




             
スポンサードリンク





2016年2月18日の日経平均リスクオフ後退で大幅反発< [日経平均株価]

【シナプス証券取引所465日目 】月間+1%でも年間+12%







             
スポンサードリンク





日経平均5.JPG
今日の日経平均は16,196円80銭 前日比+360円44銭 +2.28%でした。


FOMC連邦公開市場委員会の議事要旨がハト派的内容だったことを受け17日のダウは250ドル上昇だとか、イランが主要産油4カ国の原油生産水準凍結合意に対し支持を表明したことで反発です。


寄り付き前から買われて、16,138円08銭で前場が始り、9時10分には高値16,332円99銭まで上げ、この辺りから売りが入り最安値16,118円08銭に下げました。


16,150円辺りに底値の意識があったようでここで反発。


10時35分には16,283円98銭に上昇。


結局のところ16,225円83銭で前場が終了しました。


後場が始まりもみ合いながら14時30分には16,337円59銭で今日の最高値に、ここから利益確定売りが入り16,196円80銭で今日の取引は終了。


リスクオフの後退と言われてますが、依然として下値の警戒は必要な状況です。

日経平均hi 足.JPG
日足チャートは16,000円辺りで上値を抑えられている状態です。


19日の東京市場はもみ合いかも?原油相場が不安定、手掛かり材料難で慎重にならざろ得ないとのことです。





日経平均テクニカル

大幅反発、MACDは陽転シグナルを発生


18日の日経平均は大幅反発。


狭いレンジではあったが、16000円を上回る水準での推移が続いており、1月安値水準での抵抗はクリアした感がある。


ボリンジャーバンドでは-1σを上回っての推移が続いている。


バンドは下向きに推移しているため過度な期待は禁物だが、中心値(25日)を意識したトレンドが期待されてくる。


パラボリックのSAR値は16440円辺りまで下がってきており、陽転シグナル発生へのハードルは切り下がってきている。


MACDはシグナルとのクロスにより、陽転シグナルを発生させてきている。


一目均衡表では上値抵抗の転換線をクリアし、今後は基準線突破を意識したトレンドが期待される。

日経平均syuu 足.JPG日経平均月足.JPG
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160218-00934046-fisf-market




25日、75日移動平均線ゴールデンクロス

コード 銘柄名 市場 終値
1398 SMAMJリート 東E 1815
2908 フジッコ 東1 2212
3276 日本管理センタ 東1 1599
6073 アサンテ 東1 1518
8960 Uアーバン 東R 167000




http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/knsk/opt_knsk.cgi?knsk=54




             
スポンサードリンク






2016年2月17日の日経平均3日ぶり大幅反落、中国南シナ海 パラセル諸島に地対空ミサイルを配備。 [日経平均株価]

【シナプス証券取引所464日目】みたかこの最強利確!








             
スポンサードリンク




日経平均5.JPG
今日の日経平均は15,836円36銭、前日比-218円07銭 -1.36%と大幅に反落です。



16,035円35銭でやや売られ、前場寄り付きましたが、すぐに買いが入り16,151円26銭に回復。



ここから9時30分に16,061円まで売られました。



中国の南シナ海パラセル諸島にミサイルの配備のニュースが報じられたもののこの時はまだ買われている状態でした。



9時55分に今日の最高値の16,214円46銭になってから中国のミサイルの懸念か?一気に売られて行き、前場の最安値15,935円65銭まで下落。



16,028円26銭で前場は終了。



後場は15,933円26銭で売られて寄り付きました。



買いの反発もなく、13時50分には今日の最安値15,632円12銭まで下げました。



もみ合いながらも14時35分に買いが入りましたが、15,836円36銭で大引けとなりました。



5分足チャートも10時半頃には移動平均線がクロスしていて、海外短期筋の先物売りの指摘されていたようです。



16,000円に上値抑えられているイメージ、徐々に落ち着き日柄調整していくのではとのことです。





             
スポンサードリンク





あす18日の東京株式市場で主要指数は、値動きの荒い展開が継続か。

ボラティリティ(変動性)は高いままであり、外部環境次第で上下にブレが生じやすい。

17日のカラ売り比率は42.6%と高水準を維持し、地合い好転となれば、買い戻し誘発で株高を促すとみられるが、その一方で不安材料をにらんで海外ヘッジファンドなど短期筋の先物売りも活発化しやすく、当面乱高下するとの見方は少なくない。

引き続き為替・原油動向などを注視する必要があろう。

http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160217-00321731-mosf-stocks


日経平均テクニカル

3日ぶり反落、5日線を支持線に底堅さをみせたいところ
日経平均hi 足.JPG
17日の日経平均は3日ぶり反落。

一時16200円を回復する場面もみられたが続かず、その後は利益確定の流れとなった。

ただし、16000円を挟んでの推移が続いており、5日線が支持線として機能している。

ボリンジャーバンドでは-1σでの攻防が続いており、-2σとのレンジ内での推移。

一目均衡表では転換線、基準線に上値を抑えられている状況が継続。

上値は抑えられたが、1月安値水準でもあり、利食いも出やすいところ。

5日線を支持線とした底堅さを続けたいところである。

ただし、16000円処で今後は出来高が積み上がってくるため、戻りの鈍さが意識されてくると、16000円処の抵抗がより強まる可能性はある。
日経平均syuu 足.JPG日経平均月足.JPG
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160217-00934052-fisf-market




25日、75日移動平均線ゴールデンクロス

コード 銘柄名 市場 終値
1345 上場Jリート 東E 1806
1595 NZAMJリート 東E 1862
1683 金先物連動 東E 4040
1694 ニッケルETF 東E 1359
1798 守谷商会 Jス 266
1948 弘電社 東2 246
2551 マルサンアイ 名2 578
2579 コカウエスト 東1 2513
2674 ハードオフ 東1 1617
3234 森ヒルズ 東R 160600
3649 ファインデクス 東1 843
6778 アルチネット 東2 704
9083 神姫バス 東2 715


http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/knsk/opt_knsk.cgi?knsk=54


             
スポンサードリンク



2016年2月16日の日経平均、米国原油上昇・円安などが追い風に小幅の続伸 [日経平均株価]

【シナプス証券取引所463日目】少額資本でもねば?る君





日経平均5.JPG
今日の日経平均は先日の米国市場が買われ、それにつられて16,054円43銭 前日比+31円85銭 +0.20%です。



173円11銭で売られながら前場寄り付きして、9時10分に今日の最安値15,819円27銭まで売られましたが、ここから小幅に上昇が始り11時25分に前場の高値16,178円77銭まで上昇し前場終了。



後場に入り更に上昇が続き13時20分には今日の最高値16,341円56銭まで買われました。



5分後には利益確定売りが入りましたが、前日比の+31円85銭で大引けとなりました。


日経平均hi 足.JPG
日足チャートは5日移動平均線を上を抜け、上ヒゲをつけた状態です。



このまま、25日移動平均線にタッチできればよいのですが、売られ相場なので目標にタッチしないで下げてしまう場合もあるので要注意です。




             
スポンサードリンク





▽底入れムードも
日経平均株価は、取引開始直後には前日比200円超下落した。

しかし、その後は円安などの投資環境の改善を追い風にプラス圏に浮上。

市場関係者からは「底入れムードが広がりつつある」(大手証券)との声が上がった。

相場を支えたのは、サウジアラビアとロシアなどの主要産油国が閣僚級会合を開くとの報道。

「結果次第では金融市場の混乱の大本となっている原油安に歯止めがかかる」(銀行系証券)との見方が広がった。

欧州での追加緩和期待や、16日に始まったマイナス金利適用後の金融市場の落ち着きも加わり、投資家の不安心理が和らいだ。

もっとも、取引終了にかけては急速に値を消し、不安定さは相変わらず。

産油国会合が不調に終わるようなら、「金融市場は再び混乱しかねない」(同)のは確か。

取引本格的な反発局面入りのカギは、原油相場が握っている状況に変わりない。



http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160216-00000181-jijf-market



日経平均テクニカル

小幅続伸、16000円キープ



16日の日経平均は小幅続伸。


一時300円を超える上げ幅となる場面をみせたが、引けにかけて上げ幅を縮めていた。


ただし、16000円キープしたほか、5日線が支持線として機能している。


ボリンジャーバンドでは-1σと-2σとのレンジ内での推移となったが、一時-1σを上回る場面もみられた。


上値は抑えられたが、1月安値水準でもあり、利食いも出やすいところ。


まずは、同水準での底固めをみせられるかが注目されるところである。


一目均衡表では下降する転換線、基準線が上値抵抗として意識されており、これを明確に突破できるかを見極めたい。


パラボリックは陰転を継続しているが、SAR値は16800円処まで下がってきている。MACDはシグナルとの乖離が縮小してきている。


自律反発の流れが続いているが、16000円が支持線として変わるようだと、25日線や17000円への意識が強まる。

http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160216-00934043-fisf-market







25日、75日移動平均線ゴールデンクロス

コード 銘柄名 市場 終値
1326 SPDRゴールド 東E 13130
1328 金連動投信 東E 3730
1343 NF東REIT 東E 1920
1540 純金上場信託 東E 4295
1597 MXSJリート 東E 1840
2036 金ブル 東E 9290
3283 日本プロロジス 東R 239500
4047 関東電化工業 東1 823
7488 ヤガミ 名2 914
8208 エンチョー Jス 444



http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/knsk/opt_knsk.cgi?knsk=54




             
スポンサードリンク





2016年02月15日のつぶやき 2016/02/16






             
スポンサードリンク






             
スポンサードリンク






前の10件 | -
-|2016年02月 |2016年03月 ブログトップ

マネックス証券

テクニカル分析でお悩みでしたら
こちらをどうぞ、わかりやすく解説しております。

マネックス証券 初めてのテクニカル分析
https://info.monex.co.jp/technical-analysis/



新規無料口座開設はこちらからどうぞ
↓↓
マネックス証券
株式手数料業界最安水準100円(税抜)から マネックス証券
新規口座開設キャンペーン